シレネ・アカウリス (苔マンテマ)

Silene acaulis

Silene acaulis

Silene acaulis

Silene acaulis

Silene acaulis

Silene acaulis

Silene acaulis

ヨーロッパアルプスやピレネー山脈、それに周極地方などに広く分布しています。日当たりのよい草地や岩場に生え、高さは1〜3センチになります。葉は狭被針形で密生し、マット状に群生します。6月から8月ごろ、ピンク色から深紅色の花を咲かせます。和名では「こけマンテマ」と呼ばれます。 
ナデシコ科マンテマ属の多年草で、学名は Silene acaulis。
英名は Moss campion。 
The Moss campion (Silene acaulis) belongs to Caryophyllaceae (the Carnation family). It is a perennial herb that is native to the Alps, the Pyrenees and circumpolar. This herb grows in subalpine to alpine sunny grasslands or rocks and can reach 1-3 cm in height. The leaves are narrowly lanceolate, dense crowded and spread to mat-like. The pink to deep pink flowers come in June to August. 
[上] スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ高山
植物園」にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[下] 同上にて、2013年06月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1] スイス・ベルン州・グリンデルワルトにて、
2002年08月11日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・中3] スイス・ベルン州・グリンデルワルト「バッハアルプゼー」
にて、2007年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] 同上にて、2009年06月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5] 同上にて、2009年06月29日撮影。(photo by Jouette Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp