シルバータイム

Thymus x citriodorus cv. Argenteus

Thymus x citriodorus cv. Argenteus

Thymus x citriodorus cv. Argenteus

Thymus x citriodorus cv. Argenteus

「コモンタイム(T. vulgaris)」と「ブロードリーフタイム(T. pulegioides)」と
の種間交雑種が「レモンタイム(Thymus x citriodorus)」ですが、その一
園芸品種です。高さは15〜30センチになり、葉は緑色で縁には銀
灰色の縁取りが入ります。7月から8月ごろ、葉腋に小さなピンク色
の唇形花を咲かせます。全体にレモンの芳香があり、スープやシチ
ューなどの料理用のほか、ハーブティーにも利用されます。
シソ科イブキジャコウソウ属の常緑多年草で、学名は Thymus
x citriodorus cv. Argenteus。英名は Silver thyme。
Silver thyme (Thymus x citriodorus cv. Argenteus) belongs to Lamiaceae
(Mint family). It is an evergreen perennial herb that is a cultivar of Lemon
thyme. This herb can reach 15-30 cm in height. The leaves are green with
silvery-gray outlining. The small pink labiate flowers appear on the axiles
from July to August. The plant is a lemon-like scented and used for soup,
stew or herbal tea.
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年09月29日撮影。
[中2・下] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月31日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp