しこくままこな (四国飯子菜)

Melampyrum laxum var. laxum

Melampyrum laxum var. laxum

わが国の本州、東海地方から中国地方東部それに四国・九州に分
布しています。「ミヤマママコナ」の基本種です。山地の林縁や草地
に生え、高さは20〜50センチになります。葉は狭卵形から長楕円
状披針形で葉柄があり、対生します。8月から9月ごろ、上部の葉腋
に小さな紅紫色の花を咲かせます。花冠の咽には黄色い斑が広が
り、萼は先が4裂して立ち上がります。苞葉の基部に、棘状の鋸歯が
まばらにでることが特徴です。
ゴマノハグサ科ママコナ属の一年草で、学名は Melampyrum laxum
var. laxum。英名はありません。
奈良県上北山村「大台ヶ原・大蛇ぐら」にて、2005年08月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp