しろみみなぐさ (白耳菜草)

Cerastium tomemtosum

Cerastium tomemtosum

Cerastium tomemtosum

Cerastium tomemtosum

Cerastium tomemtosum

ヨーロッパの山岳地帯から西アジアが原産です。日当たりのよい乾燥した土地を好みます。高さは15〜20センチほどになり、岩場や斜面でも広がります。葉は銀白色を帯びていて、5月から6月ごろ、真っ白な花を咲かせます。別名で、「なつゆきそう(夏雪草)」とも呼ばれ、ロックガーデンやグランドカバーに利用されます。 
ナデシコ科ミミナグサ属の多年草で、学名は Cerastium tomemtosum。英名は Snow in summer。 
The Snow in summer (Cerastium tomemtosum) belongs to the Caryophyllaceae (the Carnation family). It is a perennial herb that is native to Europe and West Asia. This herb occurs in montane sunny arid areas and can reach 15-20 cm in height. It spreads on the gravels and slopes. The leaves are silvery-white. The pure white flowers come in May to June. This herb is used as a rockgarden plant or groundcover. 
[上] スイス・ベルン州・グリンデルワルトにて、
2007年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1・中2] スイス・ベルン州・マイリンゲンにて、
2002年07月15日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] スイス・ベルン州・ミューレンにて、2007年06月29日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[下] イギリス・ランカシャー州ハーストグリーンにて、
2015年05月12日撮影。(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp