しもばしら (霜柱)

Keiskea japonica

Keiskea japonica

Keiskea japonica

Keiskea japonica

Keiskea japonica

Keiskea japonica

Keiskea japonica

Keiskea japonica

Keiskea japonica

Keiskea japonica

わが国の本州、関東地方以西から四国・九州に分布しています。山地の木陰に生え、高さは40〜90センチになります。葉は長楕円形で縁には鋸歯があり、対生します。9月から10月ごろ、上部の葉腋から総状花序をだし、一方に偏って小さな白い花を咲かせます。名前は、初冬のころに茎の根元に霜柱のような氷柱をつくることから。 
シソ科シモバシラ属の多年草で、学名は Keiskea japonica。
英名はありません。 
The "Shimo-bashira" (Keiskea japonica) belongs to the Lamiaceae (the Mint family). It is a perennial herb that is native from Kanto district of Honshu west to Shikoku and Kyushu. This herb grows in mountainous tree-shaded areas, and it can reach 40-90 cm in height. The leaves are oblong with toothed edges and arranged in opposite. The racemes are borne in axils of upperpart of stems and bloom one-sideways the small white flowers from September to October. The Japanese name is derived from that the frost-column-like icicles are produced at the base of stems in early winter.
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2005年09月07日撮影。
[中2〜中5] 東京都八王子市「高尾山」にて、2013年09月21日撮影。
[中6〜8・下] 山梨県上野原市「扇山」にて、2013年09月22日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp