しもくれん (紫木蓮)

Magnolia quinquepeta

Magnolia quinquepeta

Magnolia quinquepeta

Magnolia quinquepeta

Magnolia quinquepeta

Magnolia quinquepeta

Magnolia quinquepeta

中国が原産です。高さは4〜5メートルになり、樹皮は灰白色で滑らかです。葉は倒卵形で全縁、先端が急に尖ります、3月から4月ごろ、枝先に暗紅紫色の大きな6弁花を咲かせます。中国では古くから高貴な花木として栽培されてきました。ふつうに「もくれん(木蓮)」とも呼ばれます。 
モクレン科モクレン属の落葉小高木で、学名は Magnolia quinquepeta。英名は Magnolia。 
The Magnolia (Magnolia quinquepeta) belongs to the Magnoliaceae (the Magnolia family). It is a semi-tall evergreen tree that is native to China. This tree can reach 4-5 m in height. The barks are grayish white and smooth. The leaves are obovate and entire with acute tips. The dark magenta six petaled flowers come in the terminal branches in March to April. This tree has been a noble flowering tree and cultivated from the ancient days in China. 
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2005年04月09日撮影。
[中2] 岐阜県中津川市「まごめ自然植物園」にて、
2007年04月12日撮影。
[中3・中4] イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、
2008年03月3日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5・下] 鹿児島県指宿市「フラワーパークかごしま」にて、
2017年03月31日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp