しなあぶらぎり (支那油桐)

Aleurites fordii

Aleurites fordii

Aleurites fordii

Aleurites fordii

Aleurites fordii

Aleurites fordii

Aleurites fordii

Aleurites fordii

Aleurites fordii

Aleurites fordii

中国の中部から西部が原産です。山麓の丘陵地帯から標高1000メートルくらいに生え、高さは9〜12メートルになります。「あぶらぎり(Aleurites cordata)」の近似種ですが、花や果実が大きいのが特徴です。別名で、「おおあぶらぎり(大油桐)」とも呼ばれます。5月から6月ごろ、白色の花を咲かせますが、赤色または橙色の脈があります。種子からは「桐油」が採れ、むかしは傘や提灯の油紙に使われていました。いまでもワニスや塗料の油として利用されています。
トウダイグサ科アブラギリ属の落葉小高木で、学名は Aleurites fordii。英名は Tung tree。
Tung tree (Aleurites fordii) belongs to Euphorbiaceae (the Spurge family). It is a semi-tall decuduous tree that is native to central and western China. This tree grows in hillsides to mountains below 1000 m elevation and can reach 9-12 m in height. It is closely related to "Japan wood-oil tree" (Aleurites cordata), though it is defined by larger flowers and fruits. The white flowers with red to orange veins come in May and June. The wood oil is obtained from the seeds. This oil is used as a varnish oil or oil paint.
[上・中1〜2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年05月06日撮影。
[中3] 同上にて、2003年10月12日撮影。
[中4] 同上にて、2005年11月03日撮影。
[中5・中6] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7〜8・下] 千葉県香取市油田にて、2012年05月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp