しながわはぎ (品川萩) [Index] [Back]

Melilotus officinalis

Melilotus officinalis

Melilotus officinalis

Melilotus officinalis

Melilotus officinalis

Melilotus officinalis

ユーラシア大陸が原産です。また北アメリカやアフリカ、オーストラリアなどに導入されています。日当たりのよい大草原や放棄地、道ばたなどに生え、高さは1.2〜1.8メートルになります。葉は3出複葉で毛はなく、互生します。春から夏にかけて、穂状花序に似た総状花序に、黄色い花を咲かせます。葉にはクマリンが含まれ、チーズの香り付けに使われてきました。
マメ科シナガワハギ属の二年草で、学名は Melilotus officinalis。
英名は Yellow sweet clover。
Yellow sweet clover (Melilotus officinalis) belongs to the family Fabaceae (the Pea family). It is a biennial herb that is native to Eurasia and introduced in North America, Africa and Australia. This herb grows in sunny prairies, abandoned fields and roadsides, and it can reach 1.2-1.8 m in height. The leaves are trifoliate, hairless and arranged in alternate. The yellow flowers bloom at the spike-like racemes in spring amd summer. The foliage contains coumarin and has been used for flavoring cheese.
[上・中1〜3] アメリカ・オレゴン州「スティンクキング・ウォーター峠」にて、2013年06月11日撮影。
[中4・下] アメリカ・コロラド州テルユライド町にて、
2010年07月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp