しろばなにがな (白花苦菜)

Ixeris dentata var. albiflora

Ixeris dentata var. albiflora

Ixeris dentata var. albiflora

Ixeris dentata var. albiflora

Ixeris dentata var. albiflora

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島に分布しています。「ニガナ」の変
種で、山地から高山帯の林縁や草地に生え、高さは20〜40センチ
になります。茎葉の基部はハート形で茎を抱きます。5月から7月ご
ろ、枝先に小さな白色の頭花を咲かせます。舌状花は「ニガナ」が5
個ですが、これは6〜11個までと変化があります。
キク科ニガナ属の多年草で、学名は Ixeris dentata var. albiflora。
英名はありません。
[上・下] 長野県小谷村千国乙「栂池自然園」にて、
2006年08月02日撮影。
[中1] 秋田県由利本庄市矢島町城内にて、2005年07月18日撮影。
[中2・中3] 岐阜県高山市国府町宇津江にて、
2005年06月26日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp