しんじゅのき (真珠の木)

Pernettya mucronata

Pernettya mucronata

Pernettya mucronata

Pernettya mucronata

Pernettya mucronata

南アメリカのチリ南部からアルゼンチン南部に分布しています。ナン
キョクブナ属やドリミス属などの湿り気のある明るい広葉樹林内に生
え、高さは1.2〜1.5メートルになります。葉は卵形から披針形で互
生し、先端には鋭い棘と縁には粗い鋸歯があります。5月から6月ご
ろ、小枝の上部に小さなベル形の白色からピンク色の花を咲かせま
す。果実は扁球形の液果で白色やピンク色、赤色、藤色などに熟
し、秋から冬までついています。
ツツジ科ペルネッティア属の常緑小低木で、学名は Pernettya
mucronata。英名は Prickly heath。
Prickly heath belongs to the Ericaceae (the Heath family). It is an evergreen
shrub that is distributed to south Chile and south Argentina. This shrub
grows in the open wet Nothfagus (Sonthern beech) and Drimys broad-
leaved forests, and can reach 1.2-1.5 m in height. Leaves are alternate,
ovate to lanceolate with sharp spine at the tip and very distant teeth along
the edge. From May to June, small bell-shaped white to pink flowers are
seen on the upper twigs. Fruits are oblate berries and ripen white, pink, red
or lilac, persist through fall and winter.
[上・中1〜2] 兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2006年12月05日撮影。
[中3・下] 埼玉県滑川町「武蔵丘陵森林公園」にて、
2010年12月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp