シンニンギア

Sinningia sp.

Sinningia sp.

Sinningia bulbosa x leucotricha

「グロキシニア」と同じ属の植物で、ブラジルを中心に中央アメリカか
ら南アメリカに60種以上が分布しています。ほとんどが地下に塊茎
を持ち、寒くなると地上部を枯らして越冬します。「グロキシニア」ほど
豪華な感じはありませんが、細長い鮮紅色の花を咲かせます。属名
は、植物学者のウィルヘルム・シンニング(Wilhelm Sinning)に因みま
す。
イワタバコ科オオイワギリソウ属の多年草で、学名は Sinningia sp.(属
の総称)。英名は Sinningia。
Sinningia genus belongs to Gesneriaceae (African violet family). It is a
perennial herb that is closely related to 'Gloxinia', and distributed mainly in
Brazil, over 60 species from Central America to South America. These
herbs have almost tubers under ground, the terrestrials are blighted in
winter. The flowers are tubular and bright rose-pink, though they are not
luxuriant as compared to Gloxinia. The Sinningia genus is named after the
botanist 'Wilhelm Sinning'.
[上・中] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2007年06月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2002年06月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp