シンニンギア・セロウィー

Sinningia sellovii

Sinningia sellovii

Sinningia sellovii

ブラジルからアルゼンチンにかけて分布しています。直射日光を好
み、高さは60センチほどになります。全体に白い毛に被われていま
す。晩春から夏にかけて、うなずき加減の長い花茎を伸ばして、サン
ゴ色をしたベル形の花を咲かせます。
イワタバコ科オオイワギリソウ属の多年草で、学名は Sinningia
sellovii。英名は Hardy red gloxinia。
Hardy red gloxinia belongs to Gesneriaceae (African violet family). It is a
perennial herb that is native to Brazil and Argentine. This herb prefers
exposing to direct sunlight and can reach about 60 cm in height. The plant is
covered with white hairs. The long flowering stalks are borne approvingly
and bloom coral bell-shaped flowers from late spring to summer.
[上・中] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2007年06月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2004年11月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp