しんてんち (新天地)

Gymnocalycium saglionis

Gymnocalycium saglionis

Gymnocalycium saglionis

Gymnocalycium saglionis

南アメリカのアルゼンチン北部に分布しています。乾燥した地域に単
独で生えます。茎はたる形で、直径が30センチ、高さは90センチほ
どになります。成長期の間は繰り返しピンク色を帯びた白色の花を
咲かせます。果実は液果で赤く熟します。
サボテン科ギムノカリキウム属の球形サボテンで、学名は
Gymnocalycium saglionis。英名は Giant chin cactus。
Giant chin cactus belongs to Cactaceae (Cactus family). It is an evergreen
perennial herbacious plant that is distributed north Argentina. This cactus
occurs in arid areas and grows solitary. Stem is barrel-shaped, up to 30 cm
in diameter and up to 90 cm in height. Pinkish white flowers are seen
repetitively during the grownig season. Fruits are berries and ripen red.
[上・中1〜2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2006年04月28日撮影。
[下] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年12月25日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp