しんてっぽうゆり (新鉄砲百合)

Lilium x formolongo

Lilium x formolongo

Lilium x formolongo

Lilium x formolongo

Lilium x formolongo

Lilium x formolongo

Lilium x formolongo

Lilium x formolongo

Lilium x formolongo

Lilium x formolongo

台湾原産の「たかさごゆり(Lilium formosanum)」と奄美諸島から台湾に分布している「てっぽうゆり(Lilium longiflorum)」の自然交雑種です。種子による繁殖力が強く、日当たりの良い土手などに帰化しています。高さは80センチほどになり、葉は線形から広披針形です。8月から9月ごろ、白い花を咲かせます。花披片に「たかさごゆり(高砂百合)」のような赤褐色の筋がないのが特徴です。 
ユリ科ユリ属の多年草で、学名は Lilium x formolongo。
英名はありません。 
"Shin-teppo-yuri" (Lilium x formolongo) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is a natural hybrid between Formosa lily (Lilium formosanum) and Easter lily (Lilium longiflorum). Formosa lily is native to Taiwan and Easter lily is distributed southward from the Amami Islands of Japan to Taiwan. This species has the high ability to seed-propagation, it is naturalized in sunny stream banks and all that. This herb can reach about 80 cm in height and the leaves are linear to broad lanceolate. The white flowers come in August and September. It is defined that the tepals don't have reddish brown stripes. 
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2009年08月14日撮影。
[中4・中5] 同上にて、2003年08月24日撮影。
[中2・中3] 岐阜県中津川市神坂にて、2007年09月06日撮影。
[中6] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年09月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7〜8・下] 神奈川県鎌倉市「大船植物園」にて、
2014年08月30日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp