しおぎく (潮菊)

Chrysanthemum shiwogiku

Chrysanthemum shiwogiku

Chrysanthemum shiwogiku

Chrysanthemum shiwogiku

わが国の四国、徳島県から高知県にかけて分布しています。「イソギ
ク(C. pacificum)」の近縁で、海岸の崖に生え、高さは25〜35センチ
になります。葉は倒卵形から長楕円形で、全縁または鈍鋸歯があり
ます。葉縁は白く隈取られ、裏面には銀色の毛が密生しています。
晩秋のころ、黄色い花を咲かせます。頭花は筒状花だけです。
キク科キク属の多年草で、学名は Chrysanthemum shiwogiku。
英名はありません。
[上] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2004年11月05日撮影。
[中1〜2・下] 同上にて、2006年11月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp