しらげがや (白毛茅) [Index] [Back]

Holcus lanatus

Holcus lanatus

Holcus lanatus

Holcus lanatus

Holcus lanatus

Holcus lanatus

Holcus lanatus

Holcus lanatus

ヨーロッパが原産です。わが国は、明治時代の中期に牧草として導入されました。また本州の中部地方以北に帰化しています。湿り気のある場所に生え、高さは20〜100センチになります。葉は線形で、長さ10〜30センチ、両面は白色の軟毛に被われています。6月から8月ごろ、茎頂に円錐状の花序をつけます。小穂は扁平な長楕円形で白緑色、ときに赤紫色を帯びます。
イネ科シラゲガヤ属の多年草で、学名は Holcus lanatus。
英名は Velvet grass。
Velvet grass (Holcus lanatus) belongs to the family Poaceae (the Grass family). It is a perennial herb that is native to Europe. It was introduced into Japan as a pasture in the middle days of Meiji Era (about 120 year ago). This herb grows in the wettish places and can reach 20-100 cm in height. The leaves are linear, 10-30 cm long and covered with white soft hairs on the both sides. The conial cluster is borne on the terminal stems. The spikes are flat oblong, whitish green and occasionally tinged magenta.
[上・中1〜4] 千葉県香取市仁良にて、2012年06月08日撮影。
[中5〜6・下] アメリカ・アイダホ州ボイシ市にて、
2013年06月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp