しらたまそう (白玉草) [Index] [Back]

Silene vulgaris

Silene vulgaris

Silene vulgaris

Silene vulgaris

Silene vulgaris

Silene vulgaris

Silene vulgaris

Silene vulgaris

ヨーロッパが原産です。現在では世界中の温帯地域に広く帰化しています。わが国に帰化したのは、第二次大戦後です。耕作地や道ばた、斜面の草地などに生え、高さは50〜60センチになります。葉は楕円形で対生し、全縁です。6月から8月ごろ、茎頂に直径1.5センチほどの白色の5弁花を咲かせます。萼片は球形で、緑白色から紫色の脈があります。
ナデシコ科マンテマ属の多年草で、学名は Silene vulgaris。
英名は Bladder campion。
Bladder campion belongs to the Caryophyllaceae (the Carnation family). It is a perennial herb that is native to Europe. Nowadays, it is naturalized in worldwide temperate areas, and naturalized in Japan after the Second World War. This herb grows in arable lands, roadsides or grassy slopes and can reach 50-60 cm in height. The leaves are elliptic, opposite and entire. The white, 5-petaled flowers about 1.5 cm across come on the stem apices from June to August. The calyces are globose and have greenish-white to purple veins.
[上] スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ高山
植物園」にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中1〜中3] 同上にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] スイス・ベルン州・インターラーケン「ハーダークルム」にて、
2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5・中6] スイス・ベルン州・グリンデルワルト「バッハアルプゼー」
にて、2007年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、2008年06月18日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp