しらやまぎく (白山菊)

Aster scaber

Aster scaber

Aster scaber

Aster scaber

Aster scaber

Aster scaber

Aster scaber

Aster scaber

Aster scaber

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。山地の草原や丘陵に生え、高さは1〜1.5メートルになります。茎はふつう暗赤色を帯びます。下部の葉は心形で縁には粗い鋸歯があり、狭い翼のある長い葉柄につきます。8月から10月ごろ、茎の上部で分枝して白い頭花をつけます。舌状花は6〜8個しかありません。 
キク科シオン属の多年草で、学名は Aster scaber。
英名はありません。 
"Shirayama-giku" (Aster scaber) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to Japan, the Korean Penninsula and China. This herb grows in montane grasslands and hillsides, and it can reach 1-1.5 m in height. The stems are usually tinged dark red. The underneath leaves are cordate with coarsely toothed edges and narrow winged, long petioles. The white flower-heads bloom at the branched stems from August to October. The flower-head consists of 6-8 ray florets. 
[上] 奈良県御所市櫛羅「葛城山」にて、2006年10月16日撮影。
[中1〜中3] 大阪府河内長野市滝畑「岩湧山」にて、
2005年09月30日撮影。
[中4・中5] 山梨県上野原市「扇山」にて、2013年09月22日撮影。
[中6〜7・下] 宮城県蔵王町「青麻山」にて、2016年09月03日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp