しろすじアマリリス (白筋アマリリス)

Hippeastrum reticulatum var. striatifolium

Hippeastrum reticulatum var. striatifolium

Hippeastrum reticulatum var. striatifolium

南アメリカ、ブラジル南部のパラナ州に分布しています。常緑です
が、成長期は秋から初冬にかけてで、晩春には半休眠期に入りま
す。葉は剣状で、濃緑色の地に主脈に沿って白い斑が入ります。晩
春から秋にかけて、花茎を伸ばして淡いピンク色の花を咲かせま
す。花披片に白い網目状の模様が入るのが特徴です。
ユリ科ヒッペアストルム属の常緑多年草で、学名は Hippeastrum
reticulatum var. striatifolium。英名は Barbados lily。
Barbados lily belongs to Liliaceae (Lily family). It is an evergreen perennial
herb that is native to Parana, southern Brazil. This herb grows from fall to
early winter and semi-diapause in late spring. The leaves are sword-shaped,
dark green with whitish stripe on midribs. Pale pink flowers come on the
stalks from late spring to fall. The tepals are defined by white netted
patches.
[上・中] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2005年10月22日撮影。
[下] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデンゲート
パーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp