しろだも (白だも)

Neolitsea sericea

Neolitsea sericea

Neolitsea sericea

Neolitsea sericea

Neolitsea sericea

Neolitsea sericea

わが国の本州、宮城県以西から四国・九州、それに台湾や朝鮮半
島南部、中国に分布しています。沿海地に多く、高さは10〜15メー
トルになります。葉は互生して、枝先に集まります。若葉や葉の裏が
白く、葉の付け根からクスノキ科特有の3個の太い葉脈がでていま
す。秋には淡黄色の花が咲き、翌年の秋に楕円球状の果実が赤く
熟します。雌雄異株です。「にっけい(肉桂)」と同じ仲間で、葉を手で
揉むとさわやかな香りがします。
クスノキ科シロダモ属の常緑中高木で、学名は Neolitsea sericea。
英名はありません。
"Shiro-damo" (Neolitsea sericea) belongs to the Lauraceae (the Laurel
family). It is a semi-tall evergreen tree that is native to westward from
Miyagi prefecture of Honshu to Shikoku, Kyushu of Japan, also Taiwan,
the southern Korean Peninsula and China. This tree grows mainly in
maritime region and can reach 10-15 m in height. The leaves are
alternate and crowd on the terminal branches. The young leaves and the
abaxial sides of leaves are whitish, and the leaves have conspicuous three
parallel-veins. The pale yellow flowers bloom in fall and the elliptical-
shaped fruits ripen red in next year's fall. It is dioecious. The leaves smell
refreshing odor when they are crushed.
[上・中1] 大阪府四条畷市逢阪「むろいけ園地」にて、
2003年10月22日撮影。
[中3] 同上にて、2006年04月16日撮影。
[中2] 大阪府東大阪市上石切町「くさか園地」にて、
2005年10月03日撮影。
[中4・下] 茨城県石岡市小幡「筑波山」にて、2009年11月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp