しろばなまんさく (白花万作) [Index] [Back]

Fothergilla major

Fothergilla major

Fothergilla major

Fothergilla major

Fothergilla major

アメリカ南東部のアレゲーニー山脈が原産です。森林地帯や沼地に生え、高さは1.8〜3メートルになります。葉は対生し、革質で卵形から倒卵形、表面は濃い緑色で裏面は青灰色です。葉は秋、黄色や橙色、赤紫色に紅葉します。春、葉が展開したあとに、小さな香りがあり、花弁のない白色の花を咲かせます。花の色は、目立つ雄しべが密集することに由来します。属名は、イギリスの医師であり植物学者であったジョン・フォザギル(John Fothergill)を称えたものです。学名のまま「フォザギラ・マイヨール」とも呼ばれます。
マンサク科シロバナマンサク属の落葉低木で、学名は Fothergilla major。英名は Witch alder。 
Witch alder Fothergilla major) belongs to the Hamamelidaceae (Witch hazel family). It is a small deciduous tree that is native to the Allegheny Mountains of southeastern United States. This tree grows in woodland and swamps, up to a height of 1.8-3 m. The leaves are opposite, leathery, ovate to obovate, dark green above and blue-gray beneath. Foliage turns yellow, orange and red-purple in fall. The tiny, fragrant, apetalous, white flowers bloom in spring after the foliage emerges. Flower color comes from the dense clusters of showy stamens. Genus name honors English physician and botanist, Dr. John Fothergill. 
新潟市秋葉区「新潟県立植物園」にて、2017年05月04日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp