しまさるすべり (島百日紅)

Lagerstroemia subcostata

Lagerstroemia subcostata

Lagerstroemia subcostata

Lagerstroemia subcostata

Lagerstroemia subcostata

わが国の南西諸島から台湾、中国の中部に分布しています。高さは
10メートルほどになり、公園や街路樹に利用されます。樹皮は赤褐
色ですが、剥離したあとは灰白色です。若い枝には4稜があり、葉は
卵状楕円形で先端が尖ります。7月から8月ごろ、枝先の円錐花序
に白い花を咲かせます。刮ハは楕円形です。
ミソハギ科サルスベリ属の落葉高木で、学名は Lagerstroemia
subcostata。英名は Chinese crape myrtle。
Chinese crape myrtle belongs to the Lythraceae (the Loosestrife family). It
is a tall deciduous tree that is distributed southward from Ryukyu islands of
Japan to Taiwan and central China. This tree can reach about 10 m in
height and plants as a garden or roadside tree. Tha barks are reddish-
brown, though they appear grayish-white layers when peeling thinly. The
young branches are quadrangular and the leaves are ovate-elliptic with
acute tips. The panicles are borne on the terminal branches and bloom
white flowers from July to August. The capsules are elliptic.
[上] 東京都文京区「小石川植物園」にて、2009年08月09日撮影。
[中1・中2] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年08月16日撮影。
[中3] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2003年10月12日撮影。
[下] 同上にて、2007年09月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp