シシリンキウム・ベルム

Sisyrinchium bellum

Sisyrinchium bellum

Sisyrinchium bellum

アメリカのカリフォルニア州とオレゴン州に分布しています。日当たりが良く湿り気のある草原や雑木林などに生え、高さは30〜70センチほどになります。「あやめ」のような小さな葉がつきます。1月から6月ごろまで、茎の先に青紫色の花を咲かせます。花冠の真ん中には黄色い目があります。 
アヤメ科ニワゼキショウ属の多年草で、学名は Sisyrinchium bellum。英名は Western blue-eyed grass。 
Western blue-eyed grass (Sisyrinchium bellum) belongs to the Iridaceae (the Iris family). It is a perennial herb that is native to California and Oregon. This herb grows in sunny wettish grasslands or coppices, and it can reach 30-70 cm in height. It bears iris-like small leaves. The bluish purple flowers bloom atop of stems from January to June. The corolla has yellow eye in the center. 
[上] アメリカ・カリフォルニア州「ミュアーウッズ国定公園」にて、
2004年04月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中] アメリカ・カリフォルニア州「ポイントロボス州立公園」にて、
2004年04月13日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[下] アメリカ・オハイオ州「コクス樹木園」にて
2016年05月22日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp