しろばなしながわはぎ (白花品川萩)

Melilotus alba

Melilotus alba

Melilotus alba

中央アジアからヨーロッパが原産です。わが国へは江戸時代の終わ
りに渡来し、今では各地で見ることができます。また北アメリカでも牧
草として導入され、周極地方を除いて広く帰化しています。高さは90
〜240センチになり、葉は3出複葉です。6月から8月ごろ、葉腋か
ら総状花序をだし、小さな白い蝶形花を咲かせます。別名で「こごめ
はぎ(小米萩)」とも呼ばれます。
マメ科シナガワハギ属の多年草で、学名は Melilotus alba。
英名は White sweet clover。
White sweet clover (Melilotus alba) belongs to the Fabaceae (the Pea
family). It is a perennial herb that is native to Central Asia and Europe. It
was introduced into Japan in the last days of Edo Era (about 150 years
ago), and nowadays it can be found everywhere. It was also introduced
into North America as a meadow grass, and it is naturalized widely except
circumpolar area. This herb can reach 90-240 cm in height. The leaves are
trifoliate. The racemes are borne on the axils, and the small, white,
papilionacenous flowers bloom from June to August.
[上・中] 北海道北見市常呂町「ワッカ原生花園」にて、
2009年08月04日撮影。(photo by Aya Nishizawa)
[下] アメリカ・テキサス州「イーグルキャニオン」にて、
2001年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp