しろばなしもつけ (白花下野)

Spiraea japonica f. albiflora

Spiraea japonica f. albiflora

Spiraea japonica f. albiflora

Spiraea japonica f. albiflora

わが国から朝鮮半島、中国にかけて分布する「しもつけ」の白花種
です。5月から8月ごろ、本年枝の先端に散房花序をつけ、小さな白
い花をいっぱいに咲かせます。
バラ科シモツケ属の落葉低木で、学名は Spiraea japonica f. albiflora。
英名は White Japanese spiraea。
White Japanese spiraea (Spiraea japonica f. albiflora) belong to the
Rosaceae (the Rose family). It is a small deciduous tree that is a white form
of Japanese spiraea, which is distributed to Japan, the Korean Peninsula
and China. The corymbs are borne at the terminal young branches, and the
small white flowers bloom in profusion from May to August.
[上・中1] 栃木県日光市「東大付属日光植物園」にて、
2010年06月26日撮影・
[中2・下] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2003年06月07日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp