ししゆず (獅子柚) [Index] [Back]

Citrus pseudogulgul

Citrus pseudogulgul

中国が原産です。わが国へは奈良時代に渡来しました。「ぶんたん(Citrus grandis)」の仲間で、高さは3〜4メートルになります。5月から6月ごろ、芳香のある白色の花を咲かせます。果実は直径20センチ以上、重さは1キログラムくらいになります。果肉は酸味が強く、生食にはむきません。ジャムやマーマレード、ゆず酒などに利用されます。別名で「おにゆず(鬼柚)」や「ジャガタラゆ(ジャガタラ柚)」と呼ばれます。
ミカン科ミカン属の常緑低木で、学名は Citrus pseudogulgul。
英名はありません。
'Shishi-yuzu' (Citrus pseudogulgu) belongs to Rutaceae (Citrus family). It is an evergreen small tree that is native to China. This tree was introduced into Japan in Nara Era (about 1300 years ago). It is related to Pomelo (Citrus grandis) and can reach 3-4 m in height. The scented white flowers come in May through June. The fruit is up to 20 cm across and usually weighing about 1 kg. The fruit has strong acid tastes and unfits to raw diet. It provides the raw material for jam, marmalade or fruit wine.
名古屋市守山区「東谷山フルーツパーク」にて、
2007年12月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp