しらたまのき (白玉の木) [Index] [Back]

Gaultheria pyroloides

Gaultheria pyroloides

Gaultheria pyroloides

Gaultheria pyroloides

Gaultheria pyroloides

Gaultheria pyroloides

Gaultheria pyroloides

Gaultheria pyroloides

Gaultheria pyroloides

Gaultheria pyroloides

Gaultheria pyroloides

Gaultheria pyroloides

Gaultheria pyroloides

Gaultheria pyroloides

Gaultheria pyroloides

Gaultheria pyroloides

Gaultheria pyroloides

Gaultheria pyroloides

Gaultheria pyroloides

Gaultheria pyroloides

Gaultheria pyroloides

Gaultheria pyroloides

Gaultheria pyroloides

Gaultheria pyroloides

Gaultheria pyroloides

Gaultheria pyroloides

わが国の本州、中部地方以北から北海道、それに千島列島やサハリンに分布しています。亜高山帯から高山帯の林縁や草地に生え、高さは5〜20センチになります。葉は楕円形で革質、縁には粗い鋸歯があり、互生します。7月から8月ごろ、枝先や上部の葉腋から総状花序をだし、1〜6個の白色で壺形の花を下向きに咲かせます。果実は、白い球形、液果状の刮ハです。茎や葉、果実にはサルチル酸メチルの臭いがあります。 
ツツジ科シラタマノキ属の常緑小低木で、学名は Gaultheria pyroloides。英名はありません。 
"Shiratama-no-ki" (Gaultheria pyroloides) belongs to the Ericaceae (the Azalea family). It is an evergreen shrub that is native from Chubu district of Honshu north to Hokkaido, the Kril Islands and Sakhalin. This shrub grows in sub-alpine to alpine forest edges and grasslands, and it can reach 5-20 cm in height. The leaves are elliptic, leathery, coarsely serrated and arranged in alternate. The 1-6, white, urn-shaped flowers bloom descending in the racemes at the top branches and upper axils from July to August. The fruits are white round, berry-like calpules. The stems, leaves and fruits have methyl salicylate odor. 
[上・中1〜2] 福島市土湯温泉町「浄土平」にて、
2013年07月20日撮影。
[中3・中4] 福島県檜枝岐村「沼山峠」にて、2013年08月25日撮影。
[中24・下] 同上にて、2015年09月26日撮影。
[中5〜中8] 福島市土湯温泉町「家形山」にて、
2014年07月05日撮影。
[中9〜中12] 栃木県那須町「茶臼岳」にて、2014年08月14日撮影。
[中13〜中15] 福島県二本松市「安達太良山」にて、
2014年09月06日撮影。
[中16〜中18] 福島市土湯温泉町「一切経山」にて、
2014年05月31日撮影。
[中19・中20] 同上にて、2015年08月22日撮影。
[中21〜中23] 宮城県蔵王町「蔵王連峰」にて、
2015年09月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp