しまおおたにわたり (島大谷渡り)

Asplenium nidus

Asplenium nidus

Asplenium nidus

わが国の小笠原諸島や南西諸島それに東南アジアに分布していま
す。熱帯・亜熱帯地方の雨林に生え、樹木や岩上に着生します。葉
は光沢があり、葉脈が目立ちます。葉裏の胞子嚢群はよく似た「オオ
タニワタリ」が3分の2以上つくのに対して、半分くらいしかつきませ
ん。新芽は食用にされるそうです。
チャセンシダ科チャセンシダ属の常緑シダ類で、学名は Asplenium
nidus。英名は Bird's nest fern。
Bird's nest fern belongs to Aspleniaceae (Spleenworts family). It is an
evergreen perennial fern that is distributed from Ogasawara Islands and
Southwest Islands of Japan to Southeast Asaia. This fern occurs in
rainforests of tropical and semi-tropical areas, and epiphyte on the trees and
rocks. Leaves are glossy and have visible vines. This fern forms sponrangia
bands which are equivalent to half-width of leaf blade on the reverse side.
The burgeons are used for food.
[上・中] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、
2004年11月21日撮影。
[下] 韓国・果川(クァチョン)市莫渓洞(マッケドン)「ソウル大公園」
にて、2007年01月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp