シトカはんのき (シトカ榛の木) [Index] [Back]

Alnus sinuata

Alnus sinuata

Alnus sinuata

Alnus sinuata

Alnus sinuata

北アメリカの西部、アラスカ州からカリフォルニア州それに東にアイダホ・モンタナ州に分布しています。湿り気のある森林や川岸、山地の斜面などに生え、高さは6〜12メートルになります。樹皮は灰色から灰緑色で、いぼ状の皮目があります。葉は卵形から長円形で互生し、鋭い重鋸歯があります。雄性の尾状花序は長くて細く、下垂します。雌性の尾状花序は小さく、長い花梗についた長い花序につきます。花は4月から6月に咲き、種子は7月から8月に熟します。果実は小さな半木質の球果で長さは1.5〜2.5センチです。この果実は冬の間中ついています。
カバノキ科ハンノキ属の落葉低木で、学名は Alnus sinuata。
英名は Sitka alder。
Sitka alder (Alnus sinuata) belongs to the family Betulaceae (the Birch family). It is a small deciduous tree that is native to western North America, from Alaska to California east to Idaho and Montana. This small grows in moist woods, stream banks and moist montane slopes, and it can reach 6-12 m in height. The barks are gray to grayish green with warty lenticles. The leaves are alternate, ovate to oval, with sharply and doubly serrate margins. The male catkins are long, slender, and pendent. The female catkins are small and hang in long clusters from long stalks. It is in flower from April to June, and the seeds ripen from July to August. The fruits are small semi-woody cone 1.5-2.5 cm long, and persist through the winter.
アメリカ・オレゴン州「ロスト湖」にて、2013年06月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp