シトカななかまど (シトカ七竈)

Sorbus sitchensis

Sorbus sitchensis

Sorbus sitchensis

Sorbus sitchensis

北アメリカの太平洋側、アラスカの南西部からカスケード山脈、カリフォルニア州中部にかけて分布しています。日当たりの良い山地に生え、高さは6〜7.5メートルになります。葉は奇数羽状複葉で、小葉は7〜11個あります。小葉は楕円形で、真ん中より上には鋸歯があり、表面は緑色、裏面は淡緑色です。5月から7月ごろ、枝先に複散房花序をだし、白い花を咲かせます。果実は球形のナシ状果で、9月から10月ごろに赤色から橙色に熟します。名前は、発見地のアラスカ・シトカ島(Sitka)に因みます。
バラ科ナナカマド属の落葉低木で、学名は Sorbus sitchensis。
英名は Sitka mountain-ash、Western mountain-ash。
Sitka mountain-ash (Sorbus sitchensis) belongs to the family Rosaceae (the Rose family). It is a small deciduous tree that is distributed to southwestern Alaska southeast along coast to the Cascade Range and to central California. This tree grows in sunny mountains, and it can reach 6-7.5 m in height. The leaves are odd-pinnate compound with 7-11 leaflets. The leaflet is elliptic, saw-toothed above middle, green above and pale green beneath. The white flowers bloom in the terminal compound corymbs from May to July. The fruits are round pome and they ripen red, turning orange or puple from September to October. This species is named for the Sitka Island, Alaska, where it was discovered.
[上] アメリカ・ワシントン州「レーニエ山国立公園」にて、
2001年09月11日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2〜3・下] アメリカ・オレゴン州ガバメントキャンプにて、
2013年06月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp