しせんときわがき (四川常盤柿) [Index] [Back]

Diospyros cathayensis

Diospyros cathayensis

Diospyros cathayensis

中国の中南部に分布しています。標高600〜1500メートルの峡谷にある林に生え、高さは10メートルほどになります。ときに栽培もされます。葉は楕円形で薄い革質、濃い緑色です。4月から5月ごろ、4個の萼片のある、白色から淡黄色の花を咲かせます。果実は橙色で球形から卵形、8月から10月に熟します。果肉は甘く、食用になります。別名で「つくばねがき(衝羽根柿)」とも呼ばれます。 
カキノキ科カキノキ属の常緑高木で、学名は Diospyros cathayensis。英名は Wu shi (烏柿)。 
The Wu shi (Diospyros cathayensis) belongs to the Ebenaceae (the Ebony family). It is a tall evergreen tree that is native to central-south China. This tree grows in forests in ravines at an altitude of 600-1500 m, and can reach about 10 m in height. It is sometimes cultivated. The leaves are elliptic, thinly leathery, and dark green. The white to pale yellow flowers with 4 calyx lobes bloom April and May. The fruits are orange, globose to ovoid, and ripen from August to October. The fleshes of fruits are sweet and edible. 
東京都文京区「小石川植物園」にて、2015年12月27日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp