シトカとうひ (シトカ唐檜) [Index] [Back]

Picea sitchensis

Picea sitchensis

Picea sitchensis

Picea sitchensis

北アメリカの西海岸、アラスカ州から南にカリフォルニア州北部まで分布しています。モミ属の中では最も大きくなる種です。通常は高さ35〜50メートル、直径1〜1.5メートルになり、もっと大きなものもあります。樹皮は、成木になると灰色から褐色で、鱗状に割れ目ができます。葉は4稜のある針状で、長さ2.5センチほど、先端は尖り、らせん状につきます。果実は長楕円形の球果で、長さ4〜9センチ、木の先端部分近くにつきます。
マツ科トウヒ属の常緑高木で、学名は Picea sitchensis。
英名は Sitka spruce。
Sitka spruce (Picea sitchensis) belongs to the family Pinaceae (the Pine family). It is a tall evergreen tree that is native to the west coast of North America, from Alaska south to northern California. Sitka spruce is the largest of all spruces. It commonly is 35-50 m tall and 1-1.5 m in diameter, but can be much larger. The bark is gray to brown and scaly on mature trees. The leaves are four-sited needles, about 2.5 cm long with sharp tips, and arranged in spirally. The fruits are oblong cones, 4-9 cm long, and borne near the top of the tree.
アメリカ・オレゴン州カスケードロックスにて、2013年06月18日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp