しうりざくら (しうり桜) [Index] [Back]

Prunus ssiori

Prunus ssiori

Prunus ssiori

Prunus ssiori

Prunus ssiori

Prunus ssiori

Prunus ssiori

Prunus ssiori

Prunus ssiori

わが国の本州、中部地方以北から北海道、それに千島列島やサハリン、アジア東北部に分布しています。川沿いや谷間などに生え、高さは10〜15メートルになります。樹皮は淡褐色で、老木になると縦に裂け目が入ります。葉は長楕円形から卵形で、先端は尾状に尖り、縁には細くて鋭い鋸歯があります。5月から6月ごろ、新枝の先から長い総状花序をだし、小さな白色の花を咲かせます。果実は球形の核果で、夏の終わりに黒く熟します。別名で「しおりざくら」とも呼ばれますが、「しおり」はアイヌ語の「しゅ・に(苦い木)」に由来します。
バラ科サクラ属の落葉高木で、学名は Prunus ssiori。
英名はありません。
"Shiuri-zakura" (Prunus ssiori) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a tall deciduous tree that is distributed northward from Chubu district of Honshu to Hokkaido of Japan, the Kuril Islands, Sakhalin and northeastern Asia. This tree grows in dales or along streams and can reach 10-15 m in height. Tha barks are pale brown and furrowed longitudially when old. The leaves are oblong to ovate with caudal tips and fine acute toothed edges. The long racemes are borne at the terminal new branches and bloom small white flowers from May to June. The fruits are drupes and ripen in black in late summer.
[上・中1・下] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年06月21日撮影。
[中2] 同上にて、2007年11月10日撮影。
[中3〜中5] 群馬県片品村東小川にて、2010年06月27日撮影。
[中6・中7] 群馬県片品村戸倉にて、2010年10月03日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp