しろしまうちわ (白縞団扇)

Anthurium crystallium

Anthurium crystallium

コロンビアからパナマに分布しています。熱帯雨林に生える着生植
物で、高さは50〜80センチになります。葉は濃緑色の狭卵形から
卵形で、長さは25〜40センチあり、葉脈に淡緑色の縁取りがありま
す。赤紫色を帯びた緑色の仏炎苞に包まれた肉穂花序に、目立た
ない花を咲かせます。
サトイモ科ベニウチワ属の常緑多年草で、学名は Anthurium
crystallium。英名はありません。
Anthurium crystallium belongs to Araceae (Arum family). It is an evergreen
perennial herb that is native to Colombia and Panama. This herb is an
epiphyte, occurs in rainforests and can reach 50-80 cm in height. Leaves
are narrowly ovate to ovate, 25-40 cm long, deep green and have paler
green patch outlining the veins. Flowers are inconspicuous, and bloom in the
spadix covered with green spathe tinged red-violet.
名古屋市千種区「東山植物園」にて、2006年12月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp