しろばなやえうつぎ (白花八重空木)

Deutzia crenata f. candidissima

Deutzia crenata f. candidissima

Deutzia crenata f. candidissima

Deutzia crenata f. candidissima

Deutzia crenata f. candidissima

Deutzia crenata f. candidissima

わが国が原産の「うつぎ」の変種です。山野に自生し、高さは2メー
トルほどになります。5月から6月ごろ、枝先の円錐花序に八重の白
い花を咲かせます。同じ八重咲きでも、花弁の外側が淡い桃紅色の
「さらさうつぎ(Deutzia crenata f. plena)」もあります。
アジサイ科ウツギ属の落葉低木で、学名は Deutzia crenata f.
candidissima。英名は Double deutzia。
Double deutzia belongs to Hydrangeaceae (the Hydrangea family). It is a
small deciduous tree that is native to Japan and a variety of Deutzia
(Deutzia crenata). This tree grows in mountains and fields and can reach
about 2 m in height. The panicles are borne on the terminal branches and
double flowers bloom in May to June.
[上・中1〜2] 愛知県春日井市明知町にて、2007年06月07日撮影。
[中3〜4・下] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、
2008年06月15日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp