しだれやなぎ (枝垂れ柳)

Salix babylonica

Salix babylonica

Salix babylonica

Salix babylonica

Salix babylonica

Salix babylonica

Salix babylonica

Salix babylonica

Salix babylonica

Salix babylonica

Salix babylonica

Salix babylonica

中国が原産です。わが国へは奈良時代に渡来したといいます。いまでは、広く各地の水辺や公園などに植栽されています。高さは10〜25メートルくらいになり、雌雄異株です。枝先が垂れ下がり、細い葉がさやぎます。3月から4月ごろ、花を咲かせますが、わが国には雌株は少ないそうです。 
ヤナギ科ヤナギ属の落葉高木で、学名は Salix babylonica。
英名は Weeping willow。 
Weeping willow (Salix babylonica) belongs to the family Salicaceae (the Willow family). It is a tall decidous tree that is native to China. This tree was introduced into Japan in Nara Era (about 1,300 years ago). Weeping willow is planted widely at the water's edges and parks nowadays. This tree is dioecism and can reach 10-25 m in height. Branches are weeping, leaves are broad linear. Flowers come from March to April. There are a few female plants in Japan. 
[上・中1] 千葉県香取市仁良にて、2012年04月12日撮影。
[中2] 同上にて、2011年03月03日撮影。
[中9・中10] 同上にて、2013年04月23日撮影。
[中3] 群馬県太田市「アンディ&ウィリアムスボタニックガーデン」
にて、2009年03月28日撮影。
[中4] 大阪市鶴見区「鶴見緑地公園」にて、2005年03月14日撮影。
[中5] 東京都台東区「上野不忍池」にて、2003年05月08日撮影。
[中6] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7] オーストラリア・シドニー市「チャイニーズガーデン」にて、
2007年02月18日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中8] 中国・広東省東莞市「粤暉園」にて、2009年07月29日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・オレゴン州ポートランド「チャイニーズガーデン」にて、
2013年06月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp