しんのうやし (親王椰子)

Phoenix roebelenii

Phoenix roebelenii

Phoenix roebelenii

Phoenix roebelenii

Phoenix roebelenii

ビルマからインドシナ半島に分布しています。単幹で、高さは2〜3メ
ートルほどになります。幹の落葉跡は小突起状になります。葉は幹
頂に集まり、羽状複葉で、基部には棘があります。葉は生け花の材
料にも用いられています。名前は、中国名の「羅比親王海棗」または
「羅比親王椰子」に由来するようです。
ヤシ科ナツメヤシ属の常緑低木で、学名は Phoenix roebelenii。
英名は Pygmy date palm。
Pygmy data palm belongs to Arecaceae (Palm family). It is an evergreen
small tree that is distributed from Burma to Indo-china Peninsula. This palm
is a sigle trunk and can reach 2-3 m in height. The cicatrix is a small
projection. The leaves are clustered at the shoot apex and pinnate
compound with spines at the bases. The leaves are used for flora art.
[上・中2] 静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、
2004年02月01日撮影。
[中3] 同上にて、2007年03月14日撮影。
[中1] 韓国・京城(ソウル)市「南山(ナムサン)植物園」にて、
2004年06月19日撮影。
[下] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデンゲート
パーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp