スミラクス・ボナノックス [Index] [Back]

Smilax bona-nox

Smilax bona-nox

アメリカの東南部から中南部、メキシコ東北部に分布しています。林内や野原、道ばたなどに生え、蔓性で長さは6〜9メートルになります。茎はふつう4稜があり、丈夫な棘があります。葉は三角形または卵形で濃緑色です。ときおり淡緑色の斑点に被われます。春に、小さな黄緑色の花をいっぱい咲かせます。果実は秋に黒く熟します。
サルトリイバラ科シオデ属の落葉蔓性木本で、学名は Smilax bona-nox。英名は Saw greenbrier。
Saw greenbrier belongs to Smilacaceae (Catbrier family). It is a deciduous woody vine that is native to south-east and south-central USA and north-east Mexico. This vine occurs in forests, old fields or roadsides and can reach 6-9 m long. The stems are usually 4-angled or ridged with stiff spines. The leaves are deltoid or ovate, dark green, sometimes covered with light green splotches. The numerous, small, greenish flowers bloom in spring. The fruits ripen black in fall.
アメリカ・テキサス州マッキニー市「ハードミュージアム」にて、
2007年04月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp