スミラキナ・ラケモーサ [Index] [Back]

Smilacina racemosa

Smilacina racemosa

Smilacina racemosa

Smilacina racemosa

Smilacina racemosa

Smilacina racemosa

Smilacina racemosa

北アメリカが原産です。湿り気のある森や川岸に生え、高さは50〜90センチになります。葉は長楕円状披針形で、互生します。春の終わり、茎頂の密な総状花序に、小さな白色の花を咲かせます。花後、緑色の液果ができ、夏の終わりに赤く色づきます。
ユリ科ユキザサ属の多年草で、学名は Smilacina racemosa。
英名は False Solomon's seal。
False Solomon's seal (Smilacina racemosa) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to North America. This herb grows in moist woods and stream banks, and it can reach 50–90 cm in height. The leaves are oblong-lanceolate and arranged in alternate. The small white flowers bloom in the dense panicle atop the stem in late spring. After flowering, it produces green berries that turn red in late summer.
[上・中1] アメリカ・オレゴン州マルトノマ滝にて、
2013年06月17日撮影。
[中2〜中4] アメリカ・オレゴン州カスケードロックスにて、
2013年06月15日撮影。
[中5・下] アメリカ・オハイオ州「チャールストン滝」にて、
2016年05月22日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp