スノードロップ (待雪草)

Galanthus nivalis

Galanthus nivalis

Galanthus nivalis

Galanthus nivalis

Galanthus nivalis

Galanthus nivalis

Galanthus nivalis

Galanthus nivalis

Galanthus nivalis

Galanthus nivalis

ヨーロッパ南部からコーカサス地方に分布しています。落葉樹の林内に生え、高さは15〜20センチになります。葉は幅6ミリほどの線形で根生します。冬の終わりの2月ごろ、花茎を伸ばして、小さなベル形の白い花を咲かせます。内花披片の先端に緑色の斑があるのが特徴です。アダムとイブが楽園を追われたとき、天使がイブを慰めるために降る雪に息を吹きかけたところ、その雪の落ちたところから咲いたという伝説があります。和名では「まつゆきそう(待雪草)」と呼ばれます。
ユリ科ガランツス属の多年草で、学名は Galanthus nivalis。
英名は Snowdrop、Common snowdrop。
The Snowdrop (Galanthus nivalis) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native from southern Europe to Caucasus region. This herb grows in deciduous forests and can reach 15-20 cm in height. The leaves are linear, around 6 mm in width and basal. The flowering stalk is borne and the small bell-shaped flowers bloom in late winter, February. It is difined that the inner tepals have green mottles at the tips.
[上] ベルギー・エノー州モンス市郊外にて、2006年03月20日撮影。
(photo by Benoît Durieux)
[中1・中2] イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、
2008年03月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・中4] 茨城県水戸市「水戸市植物公園」にて、
2009年11月14日撮影。
[中5・中6] 同上にて、2012年12月08日撮影。
[中7〜8・下] 同上にて、2014年03月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp