そくず

Sambucus chinensis

Sambucus chinensis

Sambucus chinensis

Sambucus chinensis

Sambucus chinensis

Sambucus chinensis

Sambucus chinensis

Sambucus chinensis

Sambucus chinensis

わが国の本州から四国、九州それに朝鮮半島や中国に分布してい
ます。山野の林縁や人家の近くに生え、高さは1〜1.5メートルにな
ります。葉は奇数羽状複葉で対生し、「にわとこ(接骨木)」に似てい
ます。7月から8月ごろ、大きな散房花序をだして白い花を咲かせま
す。花序のところどころに黄色い杯状の腺体があり、蜜をだして昆虫
を誘います。漢方では、葉や根を乾燥したものをリュウマチや打撲、
利尿などに用いるそうです。別名で「くさにわとこ(草接骨木)」とも呼
ばれます。
スイカズラ科ニワトコ属の多年草で、学名は Sambucus chinensis。
英名は Chinese elder。
Chinese elder (Sambucus chinensis) belongs to Caprifoliaceae (the
Honeysuckle family). It is a perennial herb that is distributed from Honshu
to Shikoku, Kyushu of Japan, the Korean Peninsula and China. This herb
grows in forest edges on hills and dales, or near town, and can reach 1-1.5
m in height. The leaves are imparipinnate, opposite and resemble to
Japanese edlerberry. The large corymbs are borne and the white flowers
bloom in July to August. There are yellow bell-shaped secretory portions in
patches of clusters, and they are nectariferous and attract insects. The dried
leaves and rootstocks are used as a herbal medicine for rheumatism, bruise
or diuresis.
[上・中1〜2・下] 群馬県藤岡市保美にて、2009年07月25日撮影。
[中3〜中5] 東京都小平市「都薬用植物園」にて、
2009年08月09日撮影。
[中6・中7] 長野県山ノ内町佐野にて、2003年07月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp