ソルダネラ・アルピナ (岩鏡騙し)

Soldanella alpina

Soldanella alpina

Soldanella alpina

Soldanella alpina

Soldanella alpina

Soldanella alpina

Soldanella alpina

Soldanella alpina

Soldanella alpina

ヨーロッパアルプスやアペニン山脈、ピレネー山脈などに分布しています。標高500〜3000メートルの雪田に生え、高さは5〜10センチほどになります。葉は心形または腎形で、光沢があります。5月から7月ごろ、花茎を伸ばして、紫色や青紫色の「いわかがみ」に似た花を咲かせます。和名では「いわかがみだまし(岩鏡騙し)」と呼ばれます。 
サクラソウ科イワカガミダマシ属の多年草で、学名は Soldanella alpina。英名は Moonwort、Alpine snowbell。 
The Moonwort (Soldanella alpina) belongs to Primulaceae (the Primrose family). It is a perennial herb that is distributed to the Alps, the Apennine and the Pyrenees mountains. This herb grows in snow patches, 500-3000 m elevation, and can reach 5-10 cm in height. The leaves are cordate or reniform and glossy. The purple to bluish-purple flowers bloom on the flowering stalks from May to July. 
[上・中1] スイス・ベルン州クライネシャイデックにて、
2009年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・中3] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2005年10月05日撮影。
[中4] 同上にて、2005年12月07日撮影。
[中5・中6] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、
2008年06月19日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8] スイス・ベルン州「シーニゲプラッテ高山植物園」にて、
2013年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] スイス・ベルン州メンリッヒェンにて、2013年06月27日撮影。
(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp