ソラナム・ヅルカマラ [Index] [Back]

Solanum dulcamara

Solanum dulcamara

Solanum dulcamara

Solanum dulcamara

Solanum dulcamara

Solanum dulcamara

ヨーロッパからアジアが原産ですが、今では、各地に広く帰化しています。林や低木帯、生け垣、湿地などに生え、他の植物によじ登って、長さは4メートルほどになります。葉はやじり形で、濃緑色から紫色を帯び、基部はよく分裂して、表面はごわごわしています。5月から9月ごろ、緩やかな花序に、紫色で星形の花を咲かせます。果実は卵形の液果で、熟すと鮮やかな赤色になります。人や家畜には有毒です。
ナス科ナス属の多年草で、学名は Solanum dulcamara。
英名は Bittersweet。
Bittersweet (Solanum dulcamara) belongs to the family Solanaceae (the Nightshade family). It is a perennial herb that is native to Europe and Asia, and now widely naturalized elsewhere. This herb grows in woodlands, scrubland, hedges and marshes. It is a semi-woody vine, which climbs up other plants and can reach about 4 m long. The leaves are roughly arrowhead-shaped, dark-green to purplish, and often lobed at the base. The purple, star-shaped flowers bloom in loose clusters from May to September. The fruits are ovate berry, bright red when ripe, and poisonous to humans and livestock.
[上・中1] アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、
2011年05月11日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2〜4・下] アメリカ・コネチカット州ブリッジポートにて、
2010年06月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp