ソリダゴ・プルモーサ [Index] [Back]

Solidago plumosa

Solidago plumosa

Solidago plumosa

アメリカ東部の固有種で、ノースカロライナ州にあるヤドキン川の辺でだけ見ることができます。この種は100年の間、絶滅したものと考えられていましたが、フィールドワークをしていた植物学者によって、1994年に再発見されました。現在では、小さな自然群落が2つだけ確認されています。絶滅危惧植物種です。川岸に生え、高さは40〜100センチになります。葉は線形から楕円状倒披針形で、縁には鋸歯があります。8月から9月ごろ、円錐状の花序に、黄色い頭花を咲かせます。
キク科アキノキリンソウ属の多年草で、学名は Solidago plumosa。
英名は Plumed goldenrod、Yadkin River goldenrod。
Plumed goldenrod (Solidago plumosa) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is endemic to the eastern United States, and can be found only along the Yadkin River of North Carolina. It was considered extinct for 100 years, and it was rediscovered in 1994 by botanists doing field work. Today only two small natural population exist. It is an endangered plant species. This herb grows in stream banks and can reach 40-100 cm in height. The leaves are linear to elliptic-oblanceolate with serrate margins. The yellow flower-heads bloom in paniculiform arrays from August to September.
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp