ソリダゴ・ウィルガウレア [Index] [Back]

Solidago virgaurea

Solidago virgaurea

ヨーロッパから北アフリカ、それに北アメリカに分布しています。草地や砂礫地などに生え、高さは20〜120センチになります。葉は卵形から披針形で、短い毛に被われています。7月から10月ごろ、黄色い頭花を咲かせます。舌状花は5〜12個あります。
キク科アキノキリンソウ属の多年草で、学名は Solidago virgaurea。
英名は Goldenrod, Woundwort。
Goldenrod belongs to Asteraceae (Aster family). It is a perennial herb that is native to Europe, northern Africa and North America. This herb occurs in grasslands or screes and can reach 20-120 cm in height. The leaves are ovate to lanceolate and covered with short hairs. The yellow flower-heads come from July to October. They have 5-12 ray flowers.
スイス・ベルン州・クライネシャイデックにて、2007年06月30日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp