ソフォーラ・アフィニス [Index] [Back]

Sophora affinis

Sophora affinis

Sophora affinis

アメリカの中南部、アーカンソー州・ルイジアナ州から西へオクラホマ州、テキサス州に分布しています。河岸の湿ったところや石灰岩質の丘に生え、高さは9メートルほどになります。樹皮は灰褐色で薄く、割れ目が入ります。葉は羽状複葉で、楕円形の小葉が13〜19個つきます。早春にピンク色のかかった白色の蝶形花を咲かせます。果実は黒色で革質の豆果で、夏に熟します。
マメ科クララ属の落葉小高木で、学名は Sophora affinis。
英名は Texas sophora。
Texas sophora (Sophora affinis) belongs to the Fabaceae (the Pea family). It is a semi-tall deciduous tree that is native to central-southern United States, Arkansas and Louisiana west to Oklahoma and Texas. This tree grows on moist soils along streams and on limestone hills, and can reach about 9 m in height. The barks are gray-brown, thin and becoming furrowed. The leaves are pinnately compound with 13-19 elliptic leaflets. The papilionacenous, white tinged with pink flowers bloom in early spring. The fruits are black leathery pods and maturing in summer.
アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年09月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp