ソフロニティス・ブレウィペドゥンクラータ

Sophronitis brevipedunculata

Sophronitis brevipedunculata

ブラジルの南東部、ミナスジェライス州(Estado de Minas Gerais)に分
布しています。冷涼で乾燥した高地の雲霧林のなかに生え、「ベロジ
ア(Vellozia)」の樹幹や岩のくぼみに着生します。偽球茎は球形から
円筒形で、根茎に沿って2列に並びます。葉は革質の卵形から長楕
円形で、1個がつきます。春に偽球茎の頂に短い花序をだし、朱赤
色の花を1〜3個咲かせます。
ラン科ソフロニティス属の常緑多年草で、学名は Sophronitis
brevipedunculata。英名はありません。
Sophronitis brevipedunculata belongs to Orchidaceae (Orchid family). It is
a perennial herbacious plant that is endemic to Minas Gerais State,
southeast of Brazil. This orchid is an epiphyte that occurs on vellozia tree or
in pockets on the rocks in drier cool upland mist forests. Pseudobulbs are
globose to cylindrical, arranged in double rows along the rhizome. Leaf is
single and leathery ovate to oblong. Short inflorescens with 1-3 vermilion-
red flowers is seen on the terminal pseudobulb in Spring.
兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2006年12月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp