ソフロニティス・コッキネア [Index] [Back]

Sophronitis coccinea

Sophronitis coccinea

ブラジルの東部に分布しています。標高1000メートル以上の熱帯雨林に生え、樹幹などに着生します。偽球茎は細い紡錘形で、革質の長楕円形の葉が、1個がつきます。冬から春に偽球茎の頂に短い花序をだし、橙赤色から朱赤色の花を1個咲かせます。
ラン科ソフロニティス属の常緑多年草で、学名は Sophronitis coccinea。英名はありません。
Sophronitis coccinea belongs to Orchidaceae (the Orchid family). It is an evergreen perennial herb that is native to eastern Brazil. This herb ia na epyphyte and grows in tropical rainforests up to 1000 m elevation. Pseudobulbs are narrow spindle-shaped and the leaf is solitary, oblong and leathery. The single orenge-red to vermilion-red flower blooms in the short inflorescens of terminal pseudobulb from winter to spring.
群馬県安中市「碓氷川熱帯植物園」にて、2008年12月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp