そらいろあさがお (空色朝顔) [Index] [Back]

Ipomoea tricolor cv. Flying Saucers

Ipomoea tricolor cv. Blue Star

アメリカの熱帯地方に分布しています。蔓を絡ませてよじ登り、高さは2〜4メートルになります。葉は卵形から心形で、螺旋状につきます。漏斗形の花は、ふつう青色で中心は白色、夏から初秋に咲きます。数多くの園芸品種が作出され、「ブルースター」や「フライングソーサー」、「ヘブンリーブルー」などがあります。写真上は「フライングソーサー(cv. Flying Saucers)」、下は「ブルースター(cv. Blue Star)」。
ヒルガオ科サツマイモ属の多年草で、学名は Ipomoea tricolor。
英名は Blue morning glory。
Blue morning glory belongs to Convolvulaceae (Bindweed family). It is a perennial herb that is native to the tropical America. This herb climbs up twining liana and can reach 2-4 m in height. The leaves are ovate to cordate and spirally arranged. The flowers are funnel-shaped, commonly blue with a white center and come in summer to early fall. The numerous cultivars have been breeded, such as 'Blue Star', 'Flying Saucers' or 'Heavenly Blue'. The upper photo is a cultivar 'Flying Saucers' and bottom one is 'Blue Star'.
[上] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年11月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp