そしんろうばい (素心蝋梅)

Chimonanthus praecox var. lutea

Chimonanthus praecox var. lutea

Chimonanthus praecox var. lutea

Chimonanthus praecox var. lutea

Chimonanthus praecox var. lutea

Chimonanthus praecox var. lutea

Chimonanthus praecox var. lutea

Chimonanthus praecox var. lutea

Chimonanthus praecox var. lutea

Chimonanthus praecox var. lutea

Chimonanthus praecox var. lutea

Chimonanthus praecox var. lutea

Chimonanthus praecox var. lutea

Chimonanthus praecox var. lutea

Chimonanthus praecox var. lutea

Chimonanthus praecox var. lutea

中国が原産です。わが国へは明治時代に渡来したといわれています。高さは2〜5メートルになり、卵形から長楕円形の葉が対生します。「ろうばい」の変種で、花披片全体が黄色をしています。蝋細工のような花で、芳香があります。12月から2月ごろ、冬枯れのなか、葉の展開に先立って花を咲かせます。 
ロウバイ科ロウバイ属の落葉低木で、学名は Chimonanthus praecox var. lutea。英名は Wintersweet。 
Wintersweet (Chimonanthus praecox var. lutea) belongs to the Chimonanthus (the Wintersweet family). It is a small deciduous tree that is native to China. This tree was introduced into Japan in the Meiji Era (about 120 years ago). It is a variety of Wintersweet (Chimonanthus praecox) and it can reach 2-5 m in height. Leaves are ovate to oblong and oppposite. Fragrant ceroplastics-like pale yellow flowers come from December to February before foliation. The tepal is pale yellow both on outside and inside. 
[上・中1〜2] 群馬県安中市「ろうばいの郷」にて、
2009年01月24日撮影。
[中3・中4] 茨城県水戸市「水戸市植物公園」にて、
2010年01月24日撮影。
[中5] 京都市西京区「洛西竹林公園」にて、2006年02月10日撮影。
[中6] 名古屋市守山区「東谷山フルーツパーク」にて、
2007年01月12日撮影。
[中7] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2005年01月13日撮影。
[中8] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2006年01月12日撮影。
[中9〜中12] 茨城県つくば市小田にて、2015年01月24日撮影。
[中13〜14・下] 茨城県那珂市「茨城県植物園」にて、
2015年02月01日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp